理科

入試物理考究16 -基本事項の導入の仕方「保存力と位置エネルギー」-

入試物理が扱うテーマを、場合によっては分野の枠にとらわれずに選択し、深く考え研究するための講座が入試物理考究です。今回は基本事項の導入の仕方として、力学における「保存力と位置エネルギーの関係」を扱います。力学の柱に原理としての運動方程式と、定理としての運動エネルギー変化率と仕事率の関係を据えます。重力や弾性力を含む設定で、仕事と経路の関係や保存力の定義に触れながらエネルギー保存則を導出する経験を積んだあとで、一般論を整理し、さらなる具体例として万有引力やクローン力を扱うことにします。電場と電位の関係、つりあいの安定性についても含み、理解を深めることは、物理の理解を深めるきっかけになります。

※過去の同名講座と同じ内容です。

視聴期間3月10日(木) ~ 5月16日(月)

映像講座

講師

小倉 正舟 おぐら まさのり

講座ラインナップ

オリジナル

指導対象

国公立大・私立大

時間数(50分×コマ数)

6

受講料

22,000円(税込)

講座レベル

お問い合わせ先

駿台教育研究所

s-seminar@sundai-kyouken.jp
『駿台教育探究セミナー』専用のアドレスです。

プライバシーポリシー


Page
TOP