理科

化学教え方シリーズ -有機化学④糖類、タンパク質-

天然有機物は全て慣用名が使われ、構造が複雑で立体表記もややこしく、さらに最後の時期に習うため、生徒にとって非常に重苦しい分野になっています。しかも、最近では単なる知識でなく、反応、構造、変化量計算についてより深い理解力を問う問題が増加しています。本来、天然有機物の学習は、私たちが生きていることが化学的にはどういうことかを明らかにすることであり、生徒の興味を引きつけることができる分野であるはずです。しかし、ただ事実を伝えるだけではうまくいきません。何から始めたらいいのか、どのようなストーリー展開にすれば生徒に学習したいと思わせることができるのか等を、まずはグルコースの教え方から提案したいと思っています。

※なお、教材はかつて「対面」でおこなったときの講座*と基本的に同じですが、講義は「映像」でおこなう良さを取り入れた内容になっています。
(*過去の同名講座、および「有機化学の教え方④ー糖類、タンパク質ー」)

視聴期間3月10日(木) ~ 5月16日(月)

映像講座

講師

石川 正明 いしかわ まさあき

講座ラインナップ

オリジナル

指導対象

国公立大・私立大・共通テスト

時間数(50分×コマ数)

6

受講料

22,000円(税込)

講座レベル

お問い合わせ先

駿台教育研究所

s-seminar@sundai-kyouken.jp
『駿台教育探究セミナー』専用のアドレスです。

プライバシーポリシー


Page
TOP