地歴公民

New

資料問題から日本史を考える 近現代編

この講座は資料問題から日本史の理解を深め、授業の参考にすることを目的とします。2021年から始まった「大学入学共通テスト」では、センター試験とは変わり、資料を用いた問題が多くなりました。また、国公立二次試験や私大でも資料問題は出題されます。なかでも、国公立二次の資料問題では思考力を問われる問題も少なくありません。こうした資料問題に対処するため、普段の授業やテストのなかで資料を活用することが必要になると思われますが、その素材はどのように探せばよいのでしょうか。そのヒントは大学入試で出題された問題にあります。そこで今回は近現代の政治・外交・社会経済を中心に、私立大や国公立大二次試験で出題された資料に関する論述問題を利用し、授業やテストでの使用方法について考えます。授業で使用する素材を考える参考になる講座にしたいと考えています。

視聴期間3月10日(木) ~ 5月16日(月)

映像講座

講師

鈴木 和裕 すずき かずひろ

講座ラインナップ

オリジナル

指導対象

国公立大・私立大・共通テスト

時間数(50分×コマ数)

6

受講料

22,000円(税込)

講座レベル

お問い合わせ先

駿台教育研究所

s-seminar@sundai-kyouken.jp
『駿台教育探究セミナー』専用のアドレスです。

プライバシーポリシー


Page
TOP