小論文

文系小論文の基礎(全2回)②法・経済・文学部の発想法をつかむ

これまで小論文を教えたことのない先生が、小論文を初めて書く生徒に指導するための方法を全2回でお伝えします。対面のセミナーよりも易しい教材を使いながら、論文を教える/書く時に必要な姿勢や発想、基本的な注意事項(設問分析、答案の構成、要約の仕方、採点法等)についてお話しします。1回目は文系小論文全般の基礎スキルの伝達法についてお話ししましたが、2回目となる今回は法・経・文、各学部に特徴的な発想法へと生徒を導く方法を考えます。このような発想を身に着けなければ、設問で「きかれていること」の意味を理解することすら困難です。扱うテーマは、①セキュリティと自由(法)、②福祉の意義(経)、③真の「学び」(文)です。

※過去の同名講座と同じ内容です。

視聴期間3月10日(木) ~ 5月16日(月)

映像講座

講師

松井 賢太郎 まつい けんたろう

講座ラインナップ

オリジナル

指導対象

国公立大・私立大

時間数(50分×コマ数)

4

受講料

15,730円(税込)

講座レベル

お問い合わせ先

駿台教育研究所

s-seminar@sundai-kyouken.jp
『駿台教育探究セミナー』専用のアドレスです。

プライバシーポリシー


Page
TOP