情報

【情報Ⅰ】コンピューターとプログラミングをプロジェクトベースで学ぶ -自分の世界を創る(オブジェクト指向)≪価値創造編≫-

コンピューターやロボットを操作するプログラミング言語は、西洋で生まれた考え方です。西洋哲学の考え方、英語の目線「神様目線」の視点がその背景にあります。これは日本人には理解しづらい視点です。なぜなら私たちの使う日本語は「虫目線(仏目線)」と言われ、主体が動く視線から言語を扱っているからです。情報Ⅰの教育において科目進行型(SBL)で学んでも、生徒は「何をしているのか」がわかりません。「自らが創る新しい世界」という視点から、プログラミング言語が持っている目線を知ることで「何をしているのか」を体験することができます。AdobeのAnimateを使用し、JavaScript言語で様々な世界を創る講座をおこないます。
※この講座は冊子およびデジタル教材はありません。

※過去の同名講座と同じ内容です。

視聴期間3月10日(木) ~ 5月16日(月)

映像講座

講師

久木田 寛直 くきた ひろなお

講座ラインナップ

オリジナル

時間数(50分×コマ数)

6

受講料

22,000円(税込)

講座レベル

お問い合わせ先

駿台教育研究所

s-seminar@sundai-kyouken.jp
『駿台教育探究セミナー』専用のアドレスです。

プライバシーポリシー


Page
TOP